クイックパスポートVer.2は、実際の老舗免税店舗が経験とノウハウを元に作り上げた理想的なシステムです

パスポート処理で重要なのは「認識率の高さ」です。

「ハンディ型スキャナーを採用している類似商品の読み取り率にご注意ください」

当店はハンディ型の読取スキャナーを初期段階で使用していましたが、読むのに大変苦労しました。
なぜかと言うと、海外のパスポートは偽造防止のため光沢のあるフィルムが貼ってあり、反射で読み取り率が
大幅に低下するのです。もちろん当店もハンディ型スキャナーの実験では問題なく読めたのですが、いざ実際
のパスポートを読むと読めない物が多々ありました。ですので綺麗な紙に印字されたパスポート見本では実際
には役に立たなかったのです。当店はすぐに他のスキャナーを探しましたが、据置型は非常に高く手が出ませ
んでしたが、やっと低価格で理想的なスキャナーに巡り合う事が出来ました。ぜひ認識率をお試し下さい。

またパスポートは国によって様々な仕様があり、詳細は公開されていません。しかし実際の店舗で受け取った
パスポート事例を蓄積しておりますので、他の追従を受けないほどエラー率が低いと思います。
免税店の皆様、運用実績No.1 のこのシステムを導入されませんか?

<導入すると便利なお店>

・パスポート記載部分だけを手書き処理しているドラックストア
・パスポート記載部分だけを手書き処理している大型量販店
・販売品目が少なくて品目を手書きで処理している専門店
 (貴金属店・衣料品店・靴店・電気店・玩具店・菓子店・健康器具店・その他専門店)
・専門社員がいなくても、簡単に免税処理をしたい店舗
・複雑な操作が苦手で簡単にできる機器をお探しの方


QUICK1 QUICK2

※「狸のおもてなし」を導入している店舗様の近隣同業種店舗様にはクイックパスポートVer.2の販売をご遠慮させて頂きます。



高速レシートプリンタータイプ 中速レーザープリンタータイプ
QUICKa QUICKb
処理時間:約20秒※
パスポートをかざして出力するまでの最速の時間です。
商品明細は印字されませんのでご注意ください
処理時間:約30秒※
パスポートをかざして出力するまでの最速の時間です。
商品明細は印字されませんのでご注意ください


クイックパスポートVer.2操作手順

 1.パスポートを読み取り部分に入れる

 2.在留資格を選択

 3.上陸日を選択

 4.印刷

  ※たったこれだけの簡単操作。キーボード操作もいりません
  ※1画面インターフェイスを採用しており画面変遷はなく一目瞭然


      その後は、お店で明細を書き入れパスポートに貼るだけ

 5.明細欄を記入(またはレシートを添付)

 6.誓約書にサインを頂く

 7.パスポートに貼り、割印を押す

 8.無事終了

kiroku



出力見本 : レーザープリンター仕様 (A6size)

nikkei


お問い合わせ、ご注文は「タクト TEL:047-384-9528」へ


免税対応、総合販売POSシステム「狸のおもてなし4」紹介ページへ

アクセスカウンター