大手ではまねのできない細やかな対応を可能にした最新販売POSシステム

  • 早い
  • 安い
  • 免税
    • 接客時間の大幅短縮

    • お支払いをお客様の前で実現

    • 同時処理の実行

    • 発送受注の安心処理

    • 高速処理、低コスト性の実現

    • 多種決済方法に対応(最大3種混在)

    • 販売の取り消し、一部訂正などを実現

    • 販売者ランク設定による権限

    • 多様な割引き処理の実現

    • 送客相手別集計可能

    • 増設などへの柔軟な対応

    • イベント販売や催事販売などの店外出店販売時にも威力を発揮(オプション)

    • オプションで「新免税制度」に完全対応

    • 免税手続きは驚きの15秒!

    • 軽減税率など税制変更にも対応

量販型小売店向け高速・高効率・低コストを実現する最新販売システム「これe!きゃりんぐPOS」
説明1 説明2

十五万石様
これe!きゃりんぐPOS Ver.4・導入店のご紹介

最新情報

  • 2017/05/12 軽減税率対策補助金対象A-4型POSに新方式で初めて登録されました。お急ぎ申請を!
  • 2017/05/01 軽減税率対策補助金A−4型POSに5/12登録されます。最大2/3の補助金を活用可能。
  • 2017/04/01 まもなく「これe!きゃりんぐPOS」Ver.5が完成します。ご相談は「タクト」まで!
  • 2017/02/10 Ver.5には便利な発送管理を搭載する予定です。ご相談は「タクト」まで!
  • 2017/02/10 軽減税率に完全対応するVer.5の開発を開始いたしました。
  • 2016/05/01 5/1から改正された免税変更には最初から対応していたので大丈夫でしたよ。
  • 2015/12/11 消費税の10%増税による複雑な販売ならびに免税処理に対応可能です。
  • 2015/12/02 京都市のインバウンドセミナーで クイックパスポートVer.2のデモをさせて頂きました。
  • 2015/02/03 免税のパスポート処理がとっても簡単に! クイックパスポートVer.2の販売を開始します。
  • 2015/02/03 クイックパスポートVer.2 は「狸のおもてなしVer.4」の高速パスポート処理部分だけを選抜しました。
  • 2015/01/01 当店では12人同時接客を実現しています。安価でこれだけの処理能力は「狸のおもてなし」だけ!
  • 2014/12/01 四国道後温泉にある 民芸の店 十五万石 様で最新Ver.4が稼働しました!
  • 2014/11/20 免税書類には「販売価額」という「税抜」の価格で記載しなければならないのですが、
                    税込で表示しているお店がありましたよ。皆様も注意してくださいね。
  • 2014/10/01 新免税制度開始初日、外国人のお客様より免税処理が速いと好評を頂いております。
  • 2014/10/01 Ver.4の免税処理時間は驚きの15秒! 出力用紙も1枚にすべて収まっています。
  • 2014/10/01 新免税制度に完全対応し、Ver.3よりも大幅な接客時間の短縮に成功したVer.4が完成しました!
  • 2014/04/01 免税のパスポート処理がとっても簡単に! クイックパスポートVer.1が完成しました。

最初に

  • 最初に
  • このシステムは当店が独自に開発をした、レジPOSシステムです。
    量販型多人数接客の実態に合わせて製作したこのシステムは、時間の限られた接客が求められる
    お客様への要望に応えるべく、様々な機能を搭載しており、今までのレジの概念を変えた機動力は、
    小売販売の効率を変える「革命的販売システム」と思っております。
    今まで市販のレジで不便に思っていた皆さん、POSが高額で導入できなかった皆さん。
    今までにないお客様への「おもてなし」をこのシステムで実現しませんか?

たぬきやってどんなお店?

  • 当店は北海道札幌中心部「狸小路商店街」に位置し、 創業大正5年の札幌中心部最大級のお土産店です。 店内は1F、2Fの2フロアーで、白い恋人・六花亭・ロイズ等の北海道の有名銘菓から、木彫熊、ガラスなどの工芸品、人気キャラクターなど北海道を満喫できる5000種類にもなる商品群が所狭しと並んでおります。2011年より日本国承認公式免税店となりました。
    目印は、店頭の大きな木彫りの狸。
    樹齢約350年という北海道産木を使った狸は、全国でも例のない唯一のシンボルです。
  • たぬきや外観

当店のシステム構成

  • ハンディ
  • 店内にレーザースキャナー内蔵型−無線ハンディが12台、アクセスポイントが各階に1台づつ計2台、
    レジ端末は各階に1台づつ計2台、クラウド型サーバー1で構成されております。また既設のインター
    ネット回線を利用して、千葉県タクトの管理センターと即時リモートメンテナンスを確立しております。
    販売は店先(室外)をはじめ、全館どこからでも販売が出来るようになっているため、商品をお選びに
    なっているお客様との随行販売が可能になっております。
    ハンディは常時通信を伴わない単独運用に設定しているため、もし無線圏外に移動しても問題なく作動し、急な停電時にも送信する事は出来ませんが、合計計算までは出来るという利点があります。また電池の持続時間も非通信により長持ちするため、通常営業であれば無充電で営業時間中をカバーできます。
ページの上へ戻る

このシステムを作った社長に聞きました

01.システムを自社製作しようと思ったのはなぜですか?

2004年当時に、市販のPOSをいろいろと検討していたのですが、レジとスキャナーが一体化されており、 業種上お客様をスーパーみたいに並ばせる訳には行かない事と、機動性が確保できなかったため、 独自のシステムを開発する決意を致しました。

02.なぜハンディターミナルを使用しようと思ったのですか?

一番は機動性を出したかった事。
お客様の目の前ですべての接客が出来る事は非常に魅力で、店員が効率的に配置でき、 接客時間も大幅に短縮できた結果、
人員の削減にもつながりました。 またシステム増強を考える時にも、ハンディのみの追加で対応できるため、安く上がる利点があります。5台の大型POSレジを導入しているあるお店で「追いつかないので台数をあと4台増やしたい」というお店がありました。店内に9台ものレジがあると想像したらわかりますが、商品展示場所は減るし現金の取り扱いも大変ですよね。
それと、どんな機器でも故障や障害は発生します。もし普通のPOSレジだったとすれば、障害により商品マスターを読み込めないため「商品の価格が分からない」などと大変な事態になってしまいます。そんな時を考えて予備機を備えるとしたら高額になってしまいますよね? 当社のハンディは、1台単独でレジの機能を有しているため、もし1台が故障しても他のハンディで代替えできますから、障害には強い設計になっています。しかしホストが壊れたら同じようになってしまいますが、ハンディは単体で動きますので、商品価格や計算は出来ますから、なんとか乗り切ることは可能だと思います。
(急な停電になった場合でも、送信は出来ないためレシートは出せませんが、計算は出来るので、接客をすることは可能と思います)

03.具体的に接客時間の短縮とはどのように実現できたのですか?

一般的な流れとして、お客様から品物を受け取る→レジに移動し合計を出す→お客様のところへ行き合計金額を伝える→お金を受け取る→レジに行きお釣りを用意する→お客様にお釣りを渡す→商品を渡すという感じでしょうか?
このような流れですと店員はお客様とレジの間を右往左往する事となり効率が上がりません。
当店のシステムは、お客様の前でお支払いまですべて処理できるため、定点接客が可能で、接客時間の短縮が図れます。
また「やっぱりこれやめて、こっちにする」「数を増やして」などの柔軟な対応も可能なため、打ち直しなどの手間がかからず、これも接客時間の短縮に寄与しています。

04. 観光業界特有である多人数の接客時はどのようにしていますか?

これもハンディを採用したお陰で、一人で多人数同時接客が可能になりました。
例えば店員一人にハンディを3台持たせれば、3人同時に接客でき、お客様の支払タイミングや発送伝票に記入時間などを有効的に活用できるため可能になるのです。
またグループで「別々に払う」などもハンディを人数分に充てれば、それぞれの会計がスムーズに行えるのです。 ですから今までレジで詰まっていた事が、これですべて解決できたのです。

04. 観光業界特有である多人数の接客時はどのようにしていますか?

これも観光業界特有の案件ですよね? 送客時にコード付の物を持たす事ができれば、送客相手ごとの集計は可能で、送客実績の管理とインセンティブの集計が一発でできます。また雑誌などの提携割引は、それぞれの相手に対応した専用のコードを読ませるだけで、 事前に設定した内容で自動的に割引が実現できます。もちろん実績集計も出来るため有効的な提携雑誌を把握できます。

06.外国人観光客の対応はどのようにしていますか?

言葉が通じない以上、正確な流れに努めています。まず目の前で商品をスキャンし、免税のパスポートも見える範囲で処理し、合計を画面に出して上げることでクリアな接客が出来るため安心してくれます。 もちろん明細も完備していますので、このシステムを導入してからは、外国人観光客から支払時でのクレームは無くなりました。 また免税対応も早いため、安心してご利用頂けているようです。

07.外国人観光客のための面前免税処理は大変では?

まずは免税店として認めてもらう事も大変ですが、何より頭が痛かったのは免税書類を作成する“時間” でした。
もちろん店内には一般物品、消耗品が混在しており、それを自動的に区分処理することは最低限の仕様でした。
また国が定めた様式では、商品名からの明細をすべて記入しなければならない事と「販売価額」という「税抜」の価格で表示しなければならないため、宝飾店のように購入数が少ないお店はそうでもないのですが、お土産店は細かいため、明細作成時にとてつもない時間が必要になります。調査時にあるデパートの免税書類作成時間を調べたところ、1人20〜30分かかっており、外国人観光客が遅いと怒っている様子の報告がありました。
これでは現実的な接客にはならないため、免税の流れを精査し、システムに組み込むことによって、当店では最先端の処理技術を構築し、免税処理にかかる時間は約15秒という驚異的な処理を可能にしました。免税添付書類も他店では何枚も出ている状況も見られますが、当店では1枚に集約されており、お客様に不便を掛けないように配慮しております。実際にこのシステムで外国人観光客の免税処理時に、待つ事を苦にしている方は見受けられませんでした。また将来的な増税、軽減税率、免税点の変更なども想定され設計されていますので、税制変更時にも安心してご利用いただけます。
(免税処理はオプションです)

08.操作が難しいのでは?

これは開発段階から考慮しており、誰でも簡単に使いこなせるように設計してあります。
(一般的なソフトハウスが作るシステムは、この辺の配慮に欠けたシステムがほとんどです)
ですから私の母(80才)でも操作していますし、コンピュータや機械の苦手な高齢の社員でもマニュアルを見ずに簡単に操作できたことは実証済みです。当社の新人教育の際に操作方法のマニュアルは使用していません。それくらい簡単な操作だとご理解ください。
また若い方なら様々な裏技もありますので、効率的に使いこなせるでしょう。

09.楽しい機能もありますか?

良くスーパーで実施している「4個で1000円」などの「まとめ割引」や「処分品につき20%引き」などの「処分値引」などの機能も入れてあります。 またオプションにはなりますが、「抽選券発券システム」「金券発券システム」のような楽しい仕組みも作ってみました。 これで様々な楽しいイベントも開催できるでしょう。

10.小さなお店でも使えますか?

構成を最小限にすれば、もちろん大丈夫です。しかし費用面で少しお高いものになってしまうと思います。
ですが、おもてなしの接客は実現できますよ。

11.このシステムは観光業種以外でも使えますか?

良く勘違いされる方も多いのですが「免税店用のシステムだよね〜」「お土産店用だからうちには無理でしょ?」と言われるのですが、販売の基本は同じですので問題なくお使いいただけます。というのは、免税というのは後から付けたもので、本来は販売効率を上げるために作ったものです。お客様の要望に瞬時に対応でき、発送をする時にもミスを起こさない方法も加味されている総合システムですので、主に物販店で、接客人数が多い店ほど効率を上げられます。
その他にも、出張販売やイベント販売での出店にも設定変更(オプション)で利用でき、多人数接客には威力を発揮します。

12.これを作った社長はシステムエンジニアなんですか?

いいえ、大学時代(1980 年代) にコンピュータに触れる機会があり、興味はありました。会社に入ってからは、会社の小さなシステムは自分で作っていたのですが、さすがに今回の規模では自分でプログラムすることは不可能でした。
ですから設計図を描き、接客の流れを説明して、タクトさんに依頼したのです。もともとタクトさんもいろいろな業種を手掛けていらっしゃったのですが、私が考えたこのような細かい仕様には困惑した様子でした。(笑) でも笑顔で(?)具現化して頂いたことは非常に感謝をしております。

13.発売しようと思ったのはなぜですか?

自己満足で終わっていたのですが、同業者らしき旅行者から「どこで売ってるの?」とか、たくさんのお客様から 「すごいシステムだね〜」と何度も言われ続け、その気になった・・・(笑)
でも万全を期すため、第1世代は販売せず、第3世代から販売を開始し、新免税制度に完全対応した第4世代で成熟させ、満を持して第5世代を販売します。

14.最後に

一般に売られているPOSシステムは多くありますが、システム屋が作り上げたものであるため、もちろん販売は出来るのですが「おもてなし」までは至っておりません。 このシステムは、実際に営業をし、接客を熟知した私達がシステムを作り上げたため、一般的なソフトハウスでは真似が出来ないノウハウがたくさん詰まったシステムになっております。アルバイト採用がなかなか出来ない今日、少人数で販売ピークに対応できるシステムは他では見かけません。
そんな繁盛店の悩みを解決できるよう作り上げました。お客様のために「おもてなし」の心を皆様にお届けいたします。

※全国に営業拠点のあるソフトハウスではないため、導入・サポート等のメンテナンスの関係上、すべての地方の皆様への販売は難しい状況です。
※そのため店舗立地、競合、利用内容、サポート可能地域など様々な条件を検討させて頂きます。
※検討の結果、ご期待に添えない場合もありますので予めご了承ください。
※詳しくは 株式会社タクト までお問い合わせ下さいませ。

ページの上へ戻る

実際にお使いになっている従業員さんに聞きました

01.このシステムを最初に渡されてどう思いましたか?

導入時はちょうど消費税の総額表示の時期でした。
今まではPOSなどは導入されていなかったですので、商品の価格は「人間マスター」つまり記憶頼みでした。(この時期に観光業種でPOSはほとんど導入している店はありませんでした)ですから、新人教育と言えば値段を覚えることから始まり、人間ですから間違いも数件発生しておりました。そこで総額表示に移行と言われた時、人間マスターはついていかなかった・・・。そんな時にこのシステムが目の前に現れたのです。本当に救世主のようなシステムでした。(涙) 今まで慣れていた販売手順を、そのまま作ってくれたので、操作も簡単でまったく違和感はありませんでしたが、やはり不便な部分や改良したい部分を伝えたところ、自社開発のためとても早く改良が進みました。
日々改善点を伝え続け、システムが進化し続けていますので、本当にかゆいところに手が届く感じで、お客様からも良く褒められます。

02.何が一番便利ですか?

どんなタイミングでも修正できるところでしょうか? お客様は「これやめて、こっちにする」「数を増やして」「やっぱり発送する」「割引券があったんだけど」などなど、こちらが想定している流れとは別に様々な要望が来ます。今までは打ち直しをして最初からやり直さなければならなかったため、お客様を待たせるのはもちろんですが、店員の心理として「めんどくさい」という表情が顔に微妙に出たりして不快な気持ちを与えてしまっていたと思います。でもこのシステムは、最終的にお支払が確定するまで、どのタイミングでも修正が可能なんです。
もちろん決済後でも最初から打ち直しをする必要はありません。ですからきっと店員の表情は穏やかになったと思いますよ(笑)
また免税制度が変わり全品が免税対象となった事から、免税手続き件数がものすごく増える予想をしていたのでVer.3では不安だったのですが、Ver.4になったらすごく簡単で早くなったので安心しました。外国人旅行者も目の前ですべての処理が見えるので、とても安心されていましたよ。

03.今後システムへの希望はありますか?

最新型のハンディは、大きさも重さも最適で、カラー表示でとても見やすく、スピードも速いため、現状では特に問題はありません。
しかしミスを起こしてしまった時に、どのようにして再発を防げるかを考えてシステムに入れて来ましたので、また何か事例が発生した時に、改善をお願いして行きたいと思います。
私たちの意見も反映され、日々進化している便利なシステムを、私たちと共に一緒に使いませんか?

標準的な必要システム
  • ハンディーターミナル×5、充電器(5台同時充電用)×1、無線LAN ユニット×1、
    レジ(PC)×1、タッチモニター×1、レシートプリンター×1、バーコードリーダー×1、
    スピーカー×1、キャッシュドロワ×1、無停電装置×1
ページの上へ戻る
  • このシステムへのお問い合わせは 株式会社タクト
  • 〒270-2253 千葉県松戸市日暮1−1−6 TEL:047-384-9528 FAX:047-311-7277
  • ホームページはこちら
  • http://www.takuto.co.jp
  • たぬきや外観
  • 監修元 札幌中心部最大級のお土産店 日本国承認公式免税店 たぬきや
  • ホームページはこちら
  • ホームページはこちら
  • 〒060-0063 札幌市中央区狸小路4丁目
    http://www.tanukiya.co.jp/

※販売先様にはサポート可能地域、事業規模、お取り組み体制などを検討させて頂きます。
※ご検討結果次第ではご期待に添えない場合もありますのでご了承ください。

  • 2014 Tanukiya All rights reserved.